HOME>記事一覧>しっかりと洗ってから殺菌・制汗をしていくのがコツ

洗いすぎると肌が荒れるので注意

女性

気になる体臭を抑えるために毎日入浴をするのは正しい選択ですが、過度の洗いすぎは肌によくありません。肌がヒリヒリすると肌の抵抗力が衰えていくので、赤みを帯びたりヒリヒリした痛みを感じるようになったりします。そうした状態だとデオドラントで対処するにしても、塗布したときにしみる可能性があります。体臭が気になる部位はよく洗浄する必要がありますが、大切なのは汚れが落ちやすい状態にすることです。湯船にじっくりと浸かってから洗えば、汚れが浮き出しているので無理せずに落とせるでしょう。体臭を改善させるためには、正しいボディーの洗い方を実践する必要があります。

肌に刺激となるデオドラントは使用を避ける

消臭に抜群のパワーを発揮するデオドラントであっても、肌に合わないものは使用しないようにしましょう。デオドラントは殺菌・制汗などの作用を有していますが、体臭改善をさせる消臭力が強いほど肌に大きな刺激を与えます。塗布することで肌がヒリヒリするなら、肌のバリア機能が刺激に対して負けていると考えられます。肌免疫は年々低下していくのが普通ですから、年齢に応じてデオドラントを変えていく対策が必要でしょう。女性の肌は男性より刺激に弱いため、男性用のデオドラントを使用するのは避けてください。

広告募集中